印刷会社の新規ビジネス成功支援を専門とするコンサルティング会社 ブライター・レイター のブログです。

2011年2月24日木曜日

クラウドコンピューティングは、印刷業界にどう影響するのか

昨日(2011年2月23日)、日本印刷会館で開催された2010年度第4回ジーエーシティセミナー「新たなIT環境:クラウドコンピューティングを理解する 〜 インターネットの新たな潮流は、印刷業界にどう影響するのか」に参加しました。セミナーによれば、現時点でクラウドの導入に成功しているのは、BtoC(消費者向け)かBtoE(従業員向け)として利用している企業が中心だそうです。

こうした事例から、例えば個人向けに印刷通販サービスの提供を考えている印刷会社が、Web-to-print システム提供の際にクラウドを活用することが考えられます(BtoC型サービスの例)。また、従業員が直接印刷物を発注する仕組み作りを考える総務担当者に対して、Web-to-print を使った発注システムをクラウドサービスとして提供することも考えられます(こちらは、BtoBtoE型サービスの例になります)。

セミナーの中で、「クラウドは、これまでシステム提供者側の視点で開発・提供されてきたが、2011年からは利用者がクラウドの発展を牽引する」といったお話がありました。印刷物発注者におけるクラウドの利用が広まりつつあるこの機会に、印刷サービスにおけるクラウドの活用方法を検討してみてはいかがでしょう。新しい印刷サービスにつながる切っ掛けが見付かるかも知れません。

0 件のコメント:

コメントを投稿