印刷会社の新規ビジネス成功支援を専門とするコンサルティング会社 ブライター・レイター のブログです。

2012年2月29日水曜日

デジタル印刷成功の秘訣

page 2012では、「多様なソリューションの紹介」が大きなポイントをして挙げられるかと思います。そうしたソリューションを導入・活用してデジタル印刷で成功するためには、以下のような取組みを進めることが求められます:
  1. オフセット印刷も含む業務プロセスの標準化・自動化・効率化の実践
  2. デジタル印刷専任チームを中心に、会社全体でデジタル印刷サービスの立ち上げ・拡大に取り組むこと
  3. 印刷物発注者の顧客(印刷会社からみれば「顧客の顧客」)の課題やニーズの把握
  4. 自社の強みや特徴を活かした「ユニークなサービス」を指向
  5. 提案内容にひと工夫
  6. パートナーと一緒に挑戦すること
この詳細につきましては、本日(2月29日)の10→30戦略室セミナーでご説明いたします。お楽しみに (^ ^)

(2012年3月1日追記)
雪の中、2月29日に開催されました10→30戦略室セミナーにご参加いただきました皆さま、誠にありがとうございました。その際、他の講師の講演をお伺いしたり皆さまのご意見をお伺いしながら、以下も加えた方が良いと考えましたがいかがでしょう:
  • 効果・効率を「見える化」して、それらの改善を続けること。
これは、自社のジョブごとの経費/利益率などの効率性や発注者の販促活動の効果・効率などを指標化・測定することで「見える化」し、それらを評価・改善することを指しています。印刷会社は、ジョブごとの利益率を「見える化」することで、自社が得意なジョブ = 高く売ることができるジョブ を把握することができ、それを「4. 自社の強みや特徴を活かした「ユニークなサービス」」の開発・実践につなげることも可能になります。また、発注者の販促活動の効果・効率を評価する指標を設定・測定し、その改善方法を提案することができるようになれば、発注者とのつながりをさらに強めることができます。

「デジタル印刷成功の秘訣」は、皆さまにご理解・実践していただき易いように進化させる必要がまだまだあると考えます。是非、皆さまのご意見をお聞かせください。

0 件のコメント:

コメントを投稿