印刷会社の新規ビジネス成功支援を専門とするコンサルティング会社 ブライター・レイター のブログです。

2013年3月14日木曜日

JAPAN SHOP 2013 まとめ(2):『3Dプリンター』時代への準備が進行中!?

最近、新聞や雑誌、テレビなどで「3Dプリンター」についての特集を目にすることが多くなりました。こうした特集では「3Dプリンターが日本の製造業を変える」というテーマが多いのですが、私は「3Dプリンターは販促も変える」と考えています。

今回の JAPAN SHOP では、3Dプリンターを活用した提案は(限られた取材時間の中では)見当たらなかったのですが、「3D」はキーワードのひとつでした。会場では、レンチキュラーやサンゲツの硬質塩ビフィルムであるリアテックを使った「3Dパネル」、ルキオ社のレンチキュラーなしの3Dパネルなど、様々な3Dを表現するための技術が紹介されていました。

中でも、「3Dプロジェクションマッピング」は新しくまた注目度の高いものです。前回のブログ記事でもご紹介したマックレイ社ブースでは、この3Dプロジェクションマッピングも提案されていました。マックレイ社は、きゃりーぱみゅぱみゅが出演しているauのTVCMの3Dプロジェクションマッピングを担当されたそうです。

ところで、国内印刷業界では3Dプリンターに関する具体的な取組みはまだあまり進んでいないと思われますが、その領域を開拓するのは現時点で「3D」を販促にどのように活用できるかを考え、また挑戦している印刷会社だと考えています。将来的に3Dプリンターで印刷されたものが、3Dパネルやレンチキュラーとどのように併用されるのか、あるいはそれらを置き換えるのか、また3Dプロジェクションマッピングとどのように組み合わされるのかは、現時点では分かりません。

ただ、3Dプリンターがコミュニケーションサービスにおいて実用的になることが見えてきた時に、その具体的な活用方法を思い描き顧客に提案できるのは、現在「3D」について考え、挑戦している企業になると考えられます。こうした意味で、コミュニケーションサービス分野において、密かに3Dプリンター時代への準備が進んでいると言えるでしょう。

「3Dプリンターが販促を変える」時代に向けて布石を打っておきたい印刷会社の皆さま、是非お声がけください!一緒に新しい世界へ挑戦しましょう (^ ^)

2 件のコメント:

  1. こんにちは

    たまたまブログ拝見しました。
    「3Dプリンター」についての特集最近多いですね

    私は趣味で「3Dプリンター」やっているのですが、
    「3Dプリンターが日本の製造業を変える」というのはオーバーな気がします。

    製造業では20年以上前から使っている技術ですし、
    最近廉価になってきて家庭にも普及可能となってきた事は斬新ですが、3Dデータの作成、機器のメンテ、造形ともかなりのスキルが必要です。

    2年後くらいにはDIYのように「趣味」3Dプリンターという個人が増える程度ではないでしょうか。

    【参考:5万円の家庭用プリンタでの造形品】

    返信削除
    返信
    1. Yua Kameさん、コメントありがとうございました。
      私は、正直なところ「3Dプリンターが日本の製造業を変える」かどうかは分かりません (^ ^; 

      ただ、「うちは、1個からでも製造を引き受けてます。毎日、1,000件のオーダーを受注しているのですが、30人の社員が頑張ってその日のうちに全てを製造・発送してお客様にはご満足いただいています♪」といった事業形態が実現できるレベル(価格・生産性・精度・扱い易さ、など)の業務用3Dプリンターが発売されれば、これまでとは異なるタイプの製造業者が現れる可能性はあると考えています。

      いずれにしても、3Dプリンターはまだ発展段階にある機械だと思っていますので、今後の展開を楽しみにしましょう!

      削除