印刷会社の新規ビジネス成功支援を専門とするコンサルティング会社 ブライター・レイター のブログです。

2013年10月27日日曜日

ARのタイプ別使い方(例)


今回のWeb &モバイルマーケティング EXPO・スマートフォン&モバイル EXPOでもAR(拡張現実感)の展示は多かったのですが、春に比べて展示が減っていたように思います。その一方で、ARの技術や機能ではなく使い方を訴求する展示が増えてきて、AR市場が深化しているように感じました。

WOWOWコミュニケーションズでは、blippARを「3ヶ月間のプロモーション用」として提案し、さまざまな機能もプロモーションを盛り上げるものとして紹介していました。また、国内でのblippARの事例として、テレビ番組(東京レイヴンズ)や映画(ブリングリング)、ファッションブランド(キャサリンハムネット)のプロモーションを挙げていました。もちろん、blippARを継続的に利用することも可能ですが、期間限定のプロモーション用として提案されたことで、より明確にblippARの使い方がイメージできるようになったと思います。

ナリッジワークスブースでは、ファッション通販会社オットー・ジャパンのスマートフォン用アプリ「ファビア インフォリーダー」が紹介されていました。オットー・ジャパンが今春スタートした新ブランド「ファビア(FABIA)」のカタログは全ページARに対応していて、このアプリを使うことでカタログから商品詳細やコーディネート写真にダイレクトにアクセスできます。

「ファビア インフォリーダー」の興味深い点として、単なるARアプリではなく、新作アイテムをオリジナルムービーで楽しめたり、特集やキャンペーン情報、カテゴリ検索などの機能を持つ「ショッピングをトータルに楽しむためのツール」と位置付けていることが挙げられます。こうしたアプリでは、ARはさまざまな機能のひとつになります。そしてこのようなアプリにおいては、AR以外の機能を継続的に充実させることで、顧客を囲い込んだり、ブランディングができたりします。

このような「ARはさまざまな機能のひとつ」というアプリにおいては、ARそのものの技術に加えて、他機能との連携性といった拡張性が重要になると思います。今回の展示会ではそのような点に言及しているブースは見かけませんでしたが(私が見落としただけかもしれませんが)、これからは「機能拡張のし易さ」といった点の訴求が増えるかもしれません。

ナリッジワークスでは、感知サイネージ Sense!us、非接触サイネージ Smart Screen、タッチで検索 Communication Tableといった、「体感型」をキーワードにした実験的な展示も行われていました。これらにはモーションセンサーが使われており、人の動きに反応して表示が変わります。ナリッジワークスでは、これらを店頭で足を止めてもらうためのツールとして主に考えているそうです。

10月24日・25日の2日間、三菱電機エンジニアリング(MEE)は秋葉原でMEEニューテクノロジーフェア@秋葉原を開催したのですが、こちらでもモーションセンサーベースのARが紹介されていました。ここで興味深かったのは、「動きに反応 x 継続利用」というセグメントの開拓を目指していたところです。

担当者によれば、工場のラインや手術室など手袋をはめる必要があり(特に、その手袋が汚れるところ)また資料を確認する必要がある場所だと、モーションセンサーを使って「触れずに操作」する欲求があると考えられます。こういう考え方をすると、台所など自宅内での利用もイメージでき、スマホにもモーションセンサーが搭載される可能性も十分考えられそうです。あるいは、バリアフリーの領域での活用など、新しい使い方もいろいろと生まれてきそうです。

この秋の展示会では、動きに反応するタイプのものも含め、ARの使用目的がだんだん見えてきました。そのお陰で、ARを使ったサービスの形も、よりイメージし易くなったように思います。ARにご興味をお持ちの印刷会社も多いと思いますが、この際に是非具体的なサービスの形、そしてビジネスモデルを検討・実現していただければと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿