印刷会社の新規ビジネス成功支援を専門とするコンサルティング会社 ブライター・レイター のブログです。

2014年8月25日月曜日

考えるな、感じろ!


米国ハーバード大学が出版する雑誌『ハーバード・ビジネス・レビュー 20147月- 8月号』に、”The Ultimate Marketing Machine”(究極のマーケティングマシーン)という、なかなか刺激的なタイトルの記事が掲載されています。これは、効果的・効率的にマーケティングの目的を果たす(あるいは課題を解決する)組織についての記事なのですが、この中で以下のような面白いモデルが紹介されています:
  • Think(考える)」「Feel(感じる)」「Do(実行する)」の3つの要素(能力)を組み合わせて目的を果たす:
    • Think(考える):データの収集・分析能力:
      • 市場調査担当者、メディアミックスの設計担当者、ROI最適化担当者などに求められる能力。
    • Feel(感じる):カスタマーエンゲージメント能力:
      • 広報担当者、顧客サービス担当者、SNS・オンラインコミュニティ担当者などに求められる能力。
    • Do(実行する):コンテンツの企画・制作能力:
      • コンセプトクリエイターやデザイナー、コンテンツ制作担当者などに求められる能力。
  • 目的・課題に応じて、3つの要素(能力)の組み合わせ比率を変える。
  • 目的達成に必要な人材は社内外から適宜集める。
  • 素早さがカギ。数週間〜数ヶ月程度の期間で、計画立案から目的達成まで。
  • マーケティング責任者の役割は、3つの要素(能力)の比率を決めて人材を揃えて素早く目的を達成する “Orchestrator(オーケストレイター、コーディネイトする人といった意味でしょうか)”

Don’t Think, Feel.(考えるな、感じろ)」というのはブルース・リーの有名なセリフですが、今の時代、印刷会社の中にも「考えるな、感じろ!」という役割のスタッフが必要なようです。

最近、「聞く力」や「共感力」などが話題ですが、これを従来のマーケティング活動にどう融合するのが良いのか、実は私には良く分かっていませんでした (^ ^; しかし、「Feel(感じる)」の一部だと考えると、スムーズに取り入れることが出来そうです。

さて、このモデルの観点からみると、印刷会社がマーケティング力を高めるためには、以下のような取組みが必要になります:
  • Do(実行)だけでなくThink‘(考える)やFeel(感じる)の能力を高める。
  • 課題に応じてThinkFeelDoの比率を変えるスキルを習得する。
  • 課題に応じて、外部資源を活用する能力を高める。
  • 素早く課題を解決する能力を高める。

なお、こうした能力・スキルは、社長やマーケティング責任者だけでなく、組織として習得することが求められます。この記事によれば、「マーケティングは、マーケティング担当者だけに任せるには重要すぎるものとなった。受付からITスペシャリストまで全ての社員が、マーケティングに従事しなければならないのである。」

こうした能力を高めること/スキルを習得することは、自社のマーケティング力を高めることはもちろん、顧客企業(印刷物発注企業)のマーケティング力向上への貢献力も高めることにもつながります。

他社とは違うマーケティング力を身に付けたい印刷会社の皆さん、ぜひこの「考えて、感じて、そして実行する」モデル作りに取り組みましょう!

0 件のコメント:

コメントを投稿