印刷会社の新規ビジネス成功支援を専門とするコンサルティング会社 ブライター・レイター のブログです。

2016年4月19日火曜日

drupa2016に向けて:液体トナー機は "HP vs ミヤコシ" の構図に!


2010年ごろ、「液体トナー式デジタル印刷機(液体トナー機)が盛り上がるかも!?」という噂が広がりました。「HP社が所有する液体トナー電子写真技術に関する特許が切れる」というのがその理由でした。確かに、前回drupa(2012年)には、キヤノンやザイコンといった大手デジタル印刷機メーカーがこの分野への参入を表明し、実際に盛り上がりそうな気配も感じられました。

さて、液体トナー機の現状はどうなっているのでしょう?
drupa2016での出展が発表されている液体トナー機(A3サイズ以上)をまとめたのが下図になります。HP以外で出展されるのは以下の3機種です:
  • ミヤコシ MDP4000
    • B2サイズ枚葉式デジタル印刷機
    • 色数:4色(将来7色対応予定)
    • 印刷速度:4,000枚/ 時(片面印刷時);2,000枚/ 時(両面印刷時)
  • RGMT DP7
    • B2サイズ枚葉式デジタル印刷機(4色機)
    • 印刷速度:6,000枚/ 時
    • 解像度:1,200 dpi
  • Xeikon Trillium One
    • 連続紙用デジタル印刷機(印字幅 500mm)
    • 印刷速度:50m/ 分
    • 解像度:1,200 dpi

drupa2012で発表されたキヤノン InfiniStream は、今年(2016年)3月に「開発を中止し、製品化しないことを発表した」という記事がネットに流れました。実際、キヤノンのdrupa2016特設ページにもInfinistreamが出展されるという情報は見当たりません。ただ、先ほどの記事によれば、キヤノンは液体トナー技術の開発を継続し、時期は未定ながらも将来的に液体トナー機を製品化する計画があるとされています。今後の展開を期待しましょう!

ところで、興味深いのは、上記3機種は全てミヤコシの液体トナー技術をベースにした製品である点です。つまり、液体トナー機市場では、HPとミヤコシの一騎打ち状態になっているのです。もちろん、すでに製品化され市場で高い評価を受けているHPの方が大きくリードしています。ただ、後発ならではの戦い方をすれば、液体トナー機市場に新しい風を吹かせることができるかもしれません。
drupa会場ではぜひ、HPとミヤコシの印刷品質を比較してみてください。

あわせて、ミヤコシ・RGMT・ザイコン各社の液体トナー機の比較もオススメです。
印刷部分は同じミヤコシの技術を使っていても、搬送系は各社異なっています。また、各社の設計思想にも違いがあるため、操作性などにも違いがありそうです。この3社の印刷品質や使いやすさの違いにも、ぜひご注目ください。そして、皆さんのご意見をお伺いさせていただければと思います (^ ^)

0 件のコメント:

コメントを投稿