印刷会社の新規ビジネス成功支援を専門とするコンサルティング会社 ブライター・レイター のブログです。

2016年4月14日木曜日

drupa2016に向けて:シール・ラベル向けデジタル印刷機の見どころ

シール・ラベル分野でのデジタル印刷利用はまだ限られていますが、この市場に向けて多くのメーカーがデジタル印刷機を投入しています。例えば、IGAS2015などで出展されたこの市場向け最新デジタル印刷機(一部)をまとめたのが下図になります:

この図から、以下のような市場動向が見えてきます:

  • シール・ラベル用デジタル印刷機は輪転タイプ(連続紙用)が中心:
    • 既存のシール・ラベル用印刷機が輪転タイプが中心だから。
    • IGASの時、ラベル新聞の方が「枚葉(カットシート)機はラベル市場では新しい動き」とおっしゃっていたのが印象的でした。
  • 枚葉(カットシート)タイプは、シール・ラベル専用機ではない:
    • シール・ラベル「も」印刷できる商業印刷用デジタル印刷機。
  • 印刷方式は多様:
    • 粉体トナー、液体トナー、UVインクジェット、水性顔料インクジェット、油性顔料インクジェット、Memjet、など
  • 富士ゼロックス、キヤノン、リコーなど商業印刷用デジタル印刷機メーカーは、シール・ラベル専用機を発売していない、など

こうした動向を踏まえると、シール・ラベル分野におけるdrupaの見どころとして以下のような点が挙げられます:

  • 輪転機のさらなる進化:
    • さらなる高画質化:
      • 特色対応、高解像度化(インクッジェット機)、など
    • さらなる高速化・用紙対応性向上
    • 印刷方式のさらなる多様化
  • シール・ラベル市場向け枚葉機の発表の有無:
    • 枚葉機用後加工機も含めて
  • ゼロックス・キヤノン・リコーなど、主要プロダクション機メーカーからのシール・ラベル専用デジタル印刷機の発表の有無、など

機材に加えて、海外市場におけるカスタマイズ/パーソナライズされたシール・ラベルの事例や、そうしたサービスで使われているソフトウェア(組版や出力、ジョブ管理用とか)などにも注目したいと思います。デジタル印刷の活用分野がどんどん広まる中で行われる今回のdrupa、見どころがいっぱいで回りきれるか早くも心配です(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿