印刷会社の新規ビジネス成功支援を専門とするコンサルティング会社 ブライター・レイター のブログです。

2017年1月29日日曜日

広告主の重点課題と課題解決の取り組みの現状(2016年)

国内有力広告主の団体日本アドバタイザーズ協会(JAA)が2016年4月に実施した調査によれば、「2016における広告主の重点課題」として取り組むべき上位5項目は以下となっています:
  1. 製品・サービスブランド価値向上
  2. 企業ブランド価値向上
  3. デジタルマーケティングの実践
  4. 広告予算・媒体間配分の最適化
  5. 広告効果の測定・検証
これに対して、多くの印刷会社が注力する「広告活動に付随するコストの削減や工程短縮化」を重点項目をとして挙げた広告主は、上位5項目と比べてかなり少ないという結果でした。印刷会社が売上・利益を伸ばすためには、上位5項目の課題解決に注目した印刷サービスの企画・提供がポイントになりそうです。

では、どんな印刷サービスを企画すれば良いのでしょう?例えば、上記の課題解決に向けて、企業のマーケティング担当者は以下のような取り組みを進めています:

  • ソーシャル化
  • より良い顧客体験(CX)の提供
  • Data Driven化(データの利活用)
  • リアルとウェブの統合化、など

これらを支援する印刷サービスを通じて、ぜひ成長事業をつくりましょう!

0 件のコメント:

コメントを投稿