印刷会社さまそしてそのステークホルダーさまの持続的成長力向上を支援するコンサルティング会社 ブライター・レイター のブログです。

2019年6月5日水曜日

データドリブン印刷物、着々と利用拡大中!

最近、『データドリブン印刷物』を活用してマーケティングKPIを改善した事例が増えています。データドリブン印刷物とは、Webやアプリなどデジタルツールで取得したデータを利活用して、それぞれのお客さまにとって「適切な内容」を「適切なタイミング」で印刷物の形で伝えることができるメディアです。

私は、印刷物を「最も人間味のある親密なメディア」だと考えています。手で触ることができ、気に入れば部屋に飾ったり、カバンに入れたりノートに挟み込んだりして持ち運ぶことができます。机の中や本棚にしまっておいて、何年も経ってから家族や友人、同僚にみせたりもできます。つまり、印刷物は引越しの準備や大掃除が進まない原因にもなります(笑)

デジタルツールと連携させることで、私たちは印刷物にもっと人間味や親密さを持たせることができます。データを通じてお客さまの理解を深めた上で、印刷物をお送りできるからです。

Web広告研究会の「2019年WAB宣言」(2019年3月25日発表)は、「Web/デジタルの枠を超えて、顧客の期待を超える体験を」というものでした。最近、データドリブン印刷物を活用した取り組みが増えているのは、より人間味のある親密な印刷物が(リアル領域で)顧客の期待を超える体験を提供するのに役立っているからだと考えられます。

データドリブン印刷物活用はこれまで海外が中心でしたが、国内でも増えつつあります。例えば、今年3月に発表された「第33回全日本DM大賞」では、ディノス・セシールさま「カート落ちDM」「小冊子DM」(金賞グランプリ)、ビジョナリーホールディングスメガネスーパー)さま「LTV向上 店舗誘導パーソナライズDM」(銀賞)などが表彰されました。

印刷メディアビジネスの総合イベントpage2019では、IDOM社の「乗り換え促進DM」の事例が紹介されました。これは、IDOMでこれまでに自動車を購入されたお客さまに対して、現在乗っているお車の推定査定額と推定ローン残高から「推定差額」を算出し、その推定差額を「乗り換え資金」としてご提案するDMです。

DM以外にも、以下のような様々なデータドリブン印刷物が考えられます:
  • データドリブン 店頭POP
  • データドリブン カタログ
  • データドリブン 雑誌
  • データドリブン 参考書・問題集
  • データドリブン ラベル
  • データドリブン パッケージ、など

ところで、データドリブン印刷物でもクリエイティブはとても大事です。印刷物に人間味を持たせ、効果を高めるのにクリエイティブは大きな役割を果たすからです。データドリブン印刷物の取り組みが広まるにつれて、こうした部分で知見を持つ印刷会社への期待はどんどん高まっていくでしょう。

データドリブン印刷物を活用した取り組みは、まだ始まったばかりです。ぜひこのタイミングでデータドリブン印刷物に取り組み、持続的成長力を高めましょう!

ディノス・セシールさま「カート落ちDM」スキーム

2019年4月1日月曜日

ブライター・レイター、新サービス『空飛ぶ印刷所』をスタート!

(注:最後までお読みください)

2019年4月1日、ブライター・レイターは飛行船ベースの印刷サービス「空飛ぶ印刷所」を新たにスタートすることを発表しました。

「空飛ぶ印刷所」は、印刷機や製本機といった機材を設置した飛行船で全国各地をフライトしながら空の上から印刷物を提供するサービスです。インターネット経由で印刷用データを受注し、飛行船内で印刷・加工、ドローンで飛行船から地上へ印刷物を配送します。お急ぎの場合は、使用する場所の上空で印刷・加工し、その場所へ直接お届けします。

「空飛ぶ印刷所」は、航海中の客船や印刷会社のない小さな島などで行われるイベントにも対応、その際船体にイベントロゴなどを掲出するサービスや、ジェットスーツを着用したスタッフによる印刷物デリバリーのショーアップサービスなどもオプションで提供します。また、飛行船は災害時、「空飛ぶ携帯電話基地局」としても機能します。

ブライター・レイター 代表 山下潤一郎は、新サービスの発表に当たり、以下のようにコメントしています:「オンデマンド印刷は『必要な時に、必要な量を、必要な場所で印刷するサービス』です。飛行船を活用した『空飛ぶ印刷所』は究極のオンデマンド印刷サービスで、ブライター・レイター設立時から温めていた企画です。ぜひ、たくさんの方にご利用いただければと思います。」

飛行船の名称や印刷物の価格など、詳細は決まり次第改めて発表します。なお、添付の画像はイメージになります。また、4月1日発表のサービスのため、実現されない可能性もあることをご了承ください。

Illustration by Reimund Bertrams @ Pixabay




2019年2月12日火曜日

BL流 page2019速報(0)全体の傾向

2019年2月6日〜8日の3日間、印刷メディアビジネスの総合イベント page2019が開催されました(主催:日本印刷技術協会, 会場:東京・池袋 サンシャインコンベンションセンター)。IGAS2018から約半年後の開催ということで新製品の発表はそれほど多くありませんでしたが、その分、(単なる製品紹介ではなく)印刷会社の売上・利益増大に貢献することを強く意識した展示/提案が多く見られました。

ところで、印刷市場では用紙・インキの値上げや人手不足などが進んでいます。こうした動きを受けた今回の出展内容は、以下のような傾向が見られました:

  • 『いまどきのパーソナライズ』を支援
  • 増える『目』の付いた機材
  • 『連携・見える化・自動化』がさらに進展
  • 『証拠(エビデンス)』も武器に、など

具体的な展示内容は以下の記事をご確認ください。といっても、取材した機材や資材を並べているだけで分析できていませんが・・・詳細は、印刷界日本印刷新聞社)に寄稿する pageまとめ記事や、2月22日に開催するpageまとめセミナーでご確認いただけますようお願いいたします!

  1. トナー機
  2. 輪転インクジェット機
  3. 枚葉インクジェット機
  4. その他デジタル印刷機(ワイドフォーマット機、シール・ラベル機、など)
  5. オンデマンド加飾機
  6. 製本関連
  7. 検査システム
  8. 全自動ラミネータ
  9. その他後加工機
  10. ワークフロー/MIS/ERP
  11. その他ソフトウェア(Web to Print、バリアブル(可変)、など)
  12. その他

なお、page2019速報について修正・変更など必要な場合には、お手数ですがご連絡いただけますでしょうか。よろしくお願いいたします!
page2019受付
2月6日 基調講演

BL流 page2019速報(12)その他

  • サービスなど:
    • FFGS GA Smile Navi(仮称, 印刷効率・品質安定支援ソリューション)
    • アグフア Advanced Factory Automation
    • リコー ラグビーW杯向けソリューション
    • コニカミノルタ デジタルマーケティングソリューション
    • キヤノン メール便自動梱包ライン
    • SCREEN TRUST Network Service(遠隔サポートサービス)
    • 大塚商会 PODパートナー会
FFGS GA Smile Navi

BL流 page2019速報(11)その他ソフトウェア

  • 校正関連:
    • CTE BeforeAfterCV(PDF比較検版ソフト)
    • ソフトウェアToo Proofcheker PRO(デジタル校正ソフトウェア)
    • NECネクサソリューションズ 校正支援システム
  • RPA (Robotic Process Automation):
    • Kodak PRINERGY Robotic Process Automation
    • PODi RPAソリューション
    • 両毛システムズ RPAソリューション
    • 誠伸商事 ハートコアロボ
  • その他:
    • KBD AI Solution(AIを使った原稿作成アシストシステム)
FFGS FormMagic 5, iAutolay Magic 2
ネオポスト OMS-500
CTE BeforeAfter CV

BL流 page2019速報(10)ワークフロー, MIS, ERP, など

ワークフローは効率化に加えて「見える化」も促進します。また、ワークフローに様々な印刷機材が接続するだけでなく、ワークフロー同士がつながるようになっています。このように大きく進化していることから、ワークフローは注目の機材となり多くのブースで紹介されました。

富士ゼロックス Production Cockpit 1.0
Kodak Ink & Plate Usage
グーフ PC OneFlow

BL流 page2019速報(9)その他後加工機

Rollem Insignia7