新規印刷サービスのデザイン/既存印刷サービスの再デザインを専門とするブライター・レイターのブログです。

2020年1月17日金曜日

drupa2020予測:”Smart drupa” “SDGs drupa”


今年6月、世界最大で4年に1度の国際印刷機材展 drupa2020 がドイツ・デュッセルドルフで開催されます。まだ半年先ではありますが、どんなトピックが中心となるのかdrupa予測好きの私としては気になって仕方ありません(笑)。

これまでを振り返ると、1990年以降、毎回drupaには以下のようなニックネームが付けられてきています(「XX drupa」のXX部分が、その回の中心的なトピックです):

  • 1990年:DTP DRUPA
  • 1995年:CTP DRUPA
  • 2000年:Digital DRUPA
  • 2004年:JDF DRUPA
  • 2008年:Inkjet drupa
  • 2012年:Inkjet drupa again
  • 2016年:Package/ B1drupa

最新の印刷機材・ソリューション・資材が展示されるdrupaは、印刷市場の現在だけでなく、今後数年間の市場トレンドも示される場とも言われています。こういう視点から考えると、今回(2020年)は以下のようになるとブライター・レイターは考えます:

  • Smart drupa
  • SDGs drupa

もちろん、前回大きな注目を集めたインクジェット機や後加工機、パッケージ向け機材などは、今回も引き続き話題となるでしょう。それらに加えて、今回は IoTやビッグデータ、AI、ブロックチェーン(!)、5Gなどを活用してそうした機材を効果的・効率的に活用するための仕組み = スマートな仕組みが、様々な出展企業から提案されることが見込まれます。

また欧州を中心に、異常気象やプラスチック汚染などを受けて「サーキュラー・エコノミー(循環型経済)」「脱プラスチック」などの動きが進んでいます。こうしたトレンドを含む、印刷会社/印刷業界の社会的役割・責任を考え実行する「SDGs」に関する提案が多く見られることも期待されます。

ただ、SmartとかSDGsといったテーマは、出展企業にとって見せ方が少々難しいところがあります。また、概念的な部分もあるため、見る側にとっても理解に時間がかかるかも知れません。

そこでブライター・レイターでは、皆さまのdrupa視察をより効果的・効率的にするための「drupa2020 視察ツアー!」を開催いたします!現地集合・現地解散、お一人でも・1日だけでも参加可能、drupa事前レポート・報告レポート付き、など魅力的なツアーになっております。ツアーの詳細はこちらでご確認ください。

 個人でdrupaに行かれる皆さま、自社ブース以外もしっかり視察したい出展企業の皆さま、ぜひご参加ください!

2020年1月16日木曜日

ブライター・レイター『drupa2020 視察ツアー!』のご案内

今年6月、世界最大で4年に1度の国際印刷機材展 drupa2020 がドイツ・デュッセルドルフで開催されます。drupa2020では、デジタル印刷やAIを活用した仕組みなどを含む最新の印刷機材・資材が紹介されます。ブライター・レイターは「デジタル印刷の今、そしてこれからを自分の目で確かめたい」皆さま向けに、以下のような『drupa2020 視察ツアー!』を企画いたしました。ぜひご参加ください!

  • 対 象:
    • 会社あるいは個人でdrupaに行かれる印刷会社の方。
    • 自社ブース以外の展示をしっかり視察したい出展企業の方、など
  • 日 程:2020年6月17日(水)〜20日(土):
    • 上記期間のうち、ご都合のよろしい日にご参加ください。
    • 1日だけの参加も可能、4日間フル参加も大歓迎!
  • 会 場:メッセ・デュッセルドルフ(ドイツ)


【ツアーの特徴】
  • あなたのご都合・ご興味に合わせてdrupa会場をしっかり視察!
    • 1日だけでも4日間ずっとでもOKです!
  • ガイドはデジタル印刷の第一人者 ブライター・レイター 山下 潤一郎!
  • デジタル印刷の「今」と「これから」が分かります!
  • 現地(drupa会場)集合・現地解散!
  • 開催前の直前見どころレポート・ツアー後の報告レポート付き!
  • 最大5名/日の少人数制!

【こんなあなたにピッタリ!】
  • デジタル印刷の最新動向と今後の展開を知りたい!
  • 印刷の仕組みを「スマート化」するポイントを知りたい!
  • 専門家のガイド付きでdrupa会場をしっかり視察したい!
  • 飛行機やホテルは自分で手配したい!

【ツアー内容(予定)】
  • あなたのご都合・ご興味にあわせて、デジタル印刷機材・資材ブース、ソフトウェア・クラウドサービス関連ブースなどを中心に視察します:
    • あわせて、IoTやAIなど新技術関連ブースもできるだけ視察。
    • 事前にご興味のある分野などお教えください。
  • 毎日、drupa会場に10時集合、drupa会場で17時解散:
    • 昼休みは1時間程度を予定。その他休憩時間は適宜取ります。
  • ただし、ツアー内容は展示内容などにより適宜見直します:
    • 早めにお申し出いただけましたら、ご希望にあわせたアレンジも可能です。

【料 金:5万円/日(お一人さま、税別)】
  • 料金に含まれるもの:
    • ツアーガイド料(10時〜17時)
    • ツアー時に使用する無線通信機材レンタル料
    • drupa2020 開催前 直前見どころレポート・報告レポート
  • 料金に含まれないもの:
    • 現地までの交通費(飛行機代、電車代、など)
    • 現地での宿泊費、食費
    • drupa入場料(各自で事前にお申し込みください)
    • ツアー中の事故などに対する保険料、など

【お申し込み締め切り】
  • 2020年4月28日(火)
  • 料金のお支払い:お申込み後2週間以内:
    • お申し込みいただけない場合はキャンセルとさせていただきます。

【注意事項】
  • ツアーの日程や内容は変更することがあります。最新の状況は適宜お問い合わせください。
  • 諸般の事情によりツアーが中止になることがあります。ご了承の上、お申し込みください。

お問い合わせからこちらからお願いいたします。皆さまのご参加、心よりお待ちしております!

2020年1月6日月曜日

2030年の印刷市場トレンド予測


明けましておめでとうございます。
旧年中も大変お世話になりました。本年も何卒ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

さて、今年は2020年代最初の年です。10年後の2030年、印刷市場はどのように変化/進化しているでしょう?新年にあたり、ブライター・レイターでは2030年の印刷市場トレンドを以下のように予測しました:

1)『一生モノの関係をつくる』サービスを提供
2)印刷物のデバイス化
3)職人技で差別化(ただし、職人はAIやロボットかも)
4)競合のさらなるボーダレス化
5)印刷会社のグループ化


例えば、「1)『一生モノの関係をつくる』サービスを提供」について。
マーケティングでLTV(Life Time Value, 顧客生涯価値)が注目されていることからも分かるように、顧客と中長期的な関係を築くことが企業にとって重要になっています。これは、多くの市場で成長が鈍化しており(あるいはマイナス成長となっていて)、新規顧客獲得が難しくなっていることが背景にあります。

ITの進化により、顧客行動について大量のデータを測定・収集できるようになっています。現在、こうしたデータは顧客の「今」この瞬間の行動や気持ちを理解したりするために使われています。

今後、さらに大量に蓄積されたデータ(ビッグデータ)を活用することで、少し先の「将来」の行動や気持ちも予測することができるようになるでしょう。顧客の「今」この瞬間そして少し先の「将来」の行動や気持ちに寄り添いながら「一生モノの関係をつくる」。10年後には、こうしたサービスが広く提供されていることが見込まれます。

しかも、そのサービスでは印刷物が大きな役割を果たしています。フィジカル(= 手で触れる、物理的)な印刷物は長期間(場合によっては一生)手元に置いておけるからです。2030年には、「一生モノの関係をつくる」印刷サービスが中心となっているでしょう。

その他トレンドについては、印刷・加工会社の経営層のための月次勉強会「ブライター・レイター・ナイト!」(BLN)などで詳しくご紹介&議論したいと思います。2030年に向けて持続的成長を実現されたい皆さま、ぜひご参加ください (^ ^)