印刷会社の新規ビジネス成功支援を専門とするコンサルティング会社 ブライター・レイター のブログです。

2018年12月3日月曜日

ブライター・レイター流 JANPS2018 まとめ


2018年11月28日〜30日の3日間、新聞製作技術展(主催:日本新聞協会, 協賛:日本新聞技術製作技術懇話会)が開催されました(会場:東京ビッグサイト)。JANPSは3年に1度開催される展示会で、記事の作成や組版といった上流から印刷・加工といった下流までの様々な技術が紹介されます。

今回のJANPSでは、『(オフセット印刷で大量・高速に新聞を)印刷をする』からどうデジタルを使って『情報を配信する』かに出展内容が大きくシフトしていたのが印象的でした。中には、Webへの配信や配信後の記事が誰にどう読まれたかを記者が自分のデスクで把握できるソリューションやAI(人工知能)で記事を要約したり見出しを生成する技術、コンビニで新聞をプリントアウトするサービスなども紹介されていました。また、会場で展示・配布されていた新聞のほとんどがデジタル印刷新聞でした。

この背景には、新聞社が「従来の(オフセット印刷による)新聞だけが取材のアウトプット形式ではない」と考えていることがあります。そして、こうした「デジタルを使って『情報を配信する』」ことをどうマネタイズするか。これに新聞社は知恵を絞っていることも伝わってきました。また、人手不足や働き方改革にも積極的に取り組んでいます。


JANPS会場では、新聞・通信社のこうした課題の解決に向けたチャレンジの最新動向が伺えました。それらのチャレンジは、ソリューションプロバイダーやマーケティング担当者などパートナーのサービスの進化にも大いに役立つものです。新聞業界向けソリューションを提供されている皆さん、また魅力的なマーケティングサービスを探している皆さん、ぜひ次回(3年後になりますが)会場に足を運ぶことをおススメします。

ところで、会場ではイベントを活用した企業のマーケティングトレンドなどを紹介するメディア「イベントマーケティング」の取材も受けました。こちらの記事にコメントも取り上げていただいたので、ぜひお読みください!
人工知能研究の取り組み@朝日新聞社ブース

デジタル印刷の取り組み@TKSブース

デジタル印刷新聞のサンプル@コダックブース

デジタル印刷新聞のサンプル@朝日新聞社ブース

コンビニで新聞などをプリントアウトできるサービス@BITブース

新聞・通信社のデジタル事業の取り組み@日本新聞協会ブース