印刷会社の新規ビジネス成功支援を専門とするコンサルティング会社 ブライター・レイター のブログです。

2013年1月19日土曜日

Landa型インクジェット機の最新動向:2013年1月中旬時点

米国の市場調査会社 Infotrends社 のブログに drupa 2012 で大きな話題になった Landa型インクジェット機の最新動向が掲載されていましたので、その一部をご紹介します。なお、こちらの情報は、2013年1月15日〜18日に米国ラスベガスで開催された efi社主催のイベント "EFI Connect" での取材結果だそうです:

  • Landa社はこれまでに、世界中から430の契約書(LOI)を獲得している。特に、アジア大平洋地域からの注文が多い。
  • 2013年末までに当初計画通り βテストを開始するが、その際の機種は S10(B1サイズ枚葉機)の予定。また、解像度は当初計画の600dpiから1,200dpiに向上される計画。
  • βテストは商業印刷(1カ所)とパッケージ/フォールディングカートン(1カ所)が予定されている。地域は、米国と中欧となる見込み。
  • drupaで発表した提携相手(小森コーポレーション、ハイデルベルグ、マンローランド)に先駆けて自社製品を発売する予定。βテストでは、自社のサービスエンジニアを派遣する。
  • ワークフローソフトやフロントエンドは、自社製品を開発するのではなく、パートナー企業から調達する計画:
    • 今回ランダ氏はefi社のイベントで基調講演を行いましたが、イベントの前に「efi社がワークフローやフロントエンドのパートナーとして決まっている訳ではない」といった旨の発言をしていました。
Landa型インクジェット機については、開発・導入に関する進捗状況が発表される度に新たな驚きがあります。drupa 2012での登場が華やかだった分、実際の製品開発が進むと様々な課題が出てくるのでは・・・という懸念もありましたが、今のところ印刷会社(そして投資家)の大きな期待に支えられて順調に進んでいるようです。1年後にどのような製品を市場に投入しているのか、とても楽しみです。

ところで、ランダ氏は2014年に英国で開催される展示会 IPEX には出展しないことを発表しています。ということは、今年秋に開催されるPRINTが、実際に市場に投入される製品を間近に見て検討する良い機会になるかもしれません。私も、是非行ってみたいです。


0 件のコメント:

コメントを投稿