印刷会社の新規ビジネス成功支援を専門とするコンサルティング会社 ブライター・レイター のブログです。

2016年2月25日木曜日

マネタイズ方法を進化させよう!

皆さんは「マネタイズ」という言葉をご存知でしょうか?「知恵蔵2015」では、以下のように説明されています:
  • ネット上の無料サービスから収益をあげる方法のこと。収益事業化。もともとは金属から貨幣を鋳造するという意味で使われていたが、2007年頃からIT用語として使用されるようになった。

皆さんの会社でも、顧客にもっと役立つようサービス内容を日々改善していることでしょう。しかし、サービスのマネタイズ(収益化)まで含めて進化させている印刷会社は、それほど多くないと思われます。これはとてももったいないことです。なぜなら、マネタイズ方法を進化させることで以下が可能になる(かもしれない)からです:
  • 収益の増大
  • 収益の安定化
  • 収入源の多様化
  • 過度な価格競争からの脱却
  • 提供しているサービスの価値についての理解の深化:自社内・顧客内、など

さて、サービスのマネタイズ方法を進化させる際には、以下の3点を明確にすること・それらを組み合わせて考えることが必要不可欠です:
  • キャッシュポイント:
    • 課金対象になるひとつひとつの「サービス名」
  • 課金方法:
    • 都度課金・継続課金(月額課金など)
  • 料金:
    • 「無料」も含めて
例えば、「印刷物の効果測定」もキャッシュポイントのひとつです。効果測定を、新規に印刷物を製作した際に1回だけ行うなら課金方法は「都度課金」ですが、ある期間定期的に(例えば1年間毎月1回)行うなら「継続課金(月額課金)」になります。その際、有料サービスとして提供することもできますし、無料にすることも可能です。

課金できるキャッシュポイントが増えれば、収益源を多様化することができます。その際、継続課金ができれば定期的な収入を実現できます。仮に、あるサービスが「0円」になる場合でも、別の利益率の高いサービスの料金の過度な値引きを防ぐことができれば、利益率を高めることができるかもしれません。

しかし、課金対象が「印刷物」・課金方法は「都度課金」というマネタイズモデルでは、価格競争が収益に与える影響は非常に大きなものとなります。印刷サービスのマネタイズ方法を進化させることで、印刷会社は価格競争の収益への影響を減らすこと、さらに価格競争から脱却することを実現できるのです。

ブライター・レイターでは、研修やコンサルティングなどさまざまな形で御社サービスのマネタイズ方法を進化させるお手伝いをいたします。価格競争からの脱却、そして収益力の強化を実現したい方は、ぜひお声がけください (^ ^)

0 件のコメント:

コメントを投稿