新規印刷サービスのデザイン/既存印刷サービスの再デザインを専門とするブライター・レイターのブログです。

2020年1月17日金曜日

drupa2020予測:”Smart drupa” “SDGs drupa”


今年6月、世界最大で4年に1度の国際印刷機材展 drupa2020 がドイツ・デュッセルドルフで開催されます。まだ半年先ではありますが、どんなトピックが中心となるのかdrupa予測好きの私としては気になって仕方ありません(笑)。

これまでを振り返ると、1990年以降、毎回drupaには以下のようなニックネームが付けられてきています(「XX drupa」のXX部分が、その回の中心的なトピックです):

  • 1990年:DTP DRUPA
  • 1995年:CTP DRUPA
  • 2000年:Digital DRUPA
  • 2004年:JDF DRUPA
  • 2008年:Inkjet drupa
  • 2012年:Inkjet drupa again
  • 2016年:Package/ B1drupa

最新の印刷機材・ソリューション・資材が展示されるdrupaは、印刷市場の現在だけでなく、今後数年間の市場トレンドも示される場とも言われています。こういう視点から考えると、今回(2020年)は以下のようになるとブライター・レイターは考えます:

  • Smart drupa
  • SDGs drupa

もちろん、前回大きな注目を集めたインクジェット機や後加工機、パッケージ向け機材などは、今回も引き続き話題となるでしょう。それらに加えて、今回は IoTやビッグデータ、AI、ブロックチェーン(!)、5Gなどを活用してそうした機材を効果的・効率的に活用するための仕組み = スマートな仕組みが、様々な出展企業から提案されることが見込まれます。

また欧州を中心に、異常気象やプラスチック汚染などを受けて「サーキュラー・エコノミー(循環型経済)」「脱プラスチック」などの動きが進んでいます。こうしたトレンドを含む、印刷会社/印刷業界の社会的役割・責任を考え実行する「SDGs」に関する提案が多く見られることも期待されます。

ただ、SmartとかSDGsといったテーマは、出展企業にとって見せ方が少々難しいところがあります。また、概念的な部分もあるため、見る側にとっても理解に時間がかかるかも知れません。

そこでブライター・レイターでは、皆さまのdrupa視察をより効果的・効率的にするための「drupa2020 視察ツアー!」を開催いたします!現地集合・現地解散、お一人でも・1日だけでも参加可能、drupa事前レポート・報告レポート付き、など魅力的なツアーになっております。ツアーの詳細はこちらでご確認ください。

 個人でdrupaに行かれる皆さま、自社ブース以外もしっかり視察したい出展企業の皆さま、ぜひご参加ください!