新規印刷サービスのデザイン/既存印刷サービスの再デザインを専門とするブライター・レイターのブログです。

2020年9月1日火曜日

「コト売り」から『プログレス(進歩)売り』へ! 〜コロナ禍における印刷会社の成長戦略〜

リーマンショックの際には「モノ売り」から「コト売り」へと進化することで、印刷会社は困難を乗り越えました。そしてコロナ禍では、「コト売り」から『プログレス(進歩)売り』へのさらなる進化によって、持続的成長を実現できる体質・体力を手に入れることができるでしょう。

「プログレス(進歩)売り」とは、顧客や「顧客の顧客」がコロナ禍を乗り越えるために成し遂げたいプログレス(進歩)を見出し、理解し、その実現のために購入・使用されるプロダクトやサービスを提供することです。プログレス(進歩)売りのメリットとして、以下のようなものが挙げられます:

  • すぐに始められる。
  • 小さく始められる。
  • 継続して提供できる。
  • イノベーションも起こせる、など

顧客が成し遂げたいプログレス(進歩)を見出すためには、プロセスや顧客体験、データなどの分析を通じて、顧客や「顧客の顧客」が言わないことを聞き取ることが重要です。多くの顧客・「顧客の顧客」にとって、自分の要求や希望を正確に漏れなく説明することは簡単ではないからです。

また、プログレス(進歩)を実現するプロダクトやサービスを提供するためには、機能的側面に加えて感情的・社会的な側面も考慮しながら、購入・使用に伴う体験を適切にデザインすることが求められます。あわせて自社内の仕組みや組織を進化させることで、顧客が成し遂げたいプログレス(進歩)への集中度を高めることもできます。

コロナ禍を受けて、多くの顧客企業そして印刷会社では「リモート」「オンライン化」「非接触」「社会的距離」といったキーワードに沿ってプロダクトやサービスの改善を進めていると思われます。また、「デジタライゼーション」「DX(デジタルトランスフォーメーション」「SGDs」といったコロナ以前からのトレンドへの対応も求められています。プログレス(進歩)売りは、こうした流れにも適合しています。

ブライター・レイターでは、皆さまの「プログレス(進歩)売り」への進化を支援するサービスを提供しています。ご興味のある印刷会社さま、お気軽にお声がけください (^ ^) ぜひ、コト売りから『プログレス(進歩)売り』への進化を通じて、顧客と一緒にコロナ禍を乗り越え、持続的成長を実現しましょう!