印刷会社の新規ビジネス成功支援を専門とするコンサルティング会社 ブライター・レイター のブログです。

2016年4月8日金曜日

drupa2016に向けて:市場の変化を先取りしよう!

デジタル印刷の進化に伴い、使われる領域が商業印刷からシール・ラベルや書籍、新聞など着々と広まっています。drupa2016をきっかけに、パッケージでもデジタル印刷の利用が広まることが見込まれます。

ところで、デジタル印刷で市場はどう変わるのでしょう?
例えば、商業印刷市場では以下のような変化が起きました:

  • 小ロット化・短納期化
  • 低価格化
  • 激しい価格競争
  • ワークフローの効率化
  • 後加工の内製化
  • 工場スタッフの多能工化/機材のスキルレス化
  • Web to Print の導入・活用
  • 印刷通販市場の拡大/印刷通販会社の増加
  • 印刷物のパーソナライズ/カスタマイズ、など

多くの方が理解されているように、「厳しい経済状況」や「Web利用の拡大」はこうした変化の大きな要因です。私は、デジタル印刷もこれらと同様に変化の大きな牽引役だったと考えています。「小ロット・短納期の仕事を低価格で」という競争を先に仕掛けたのは、デジタル印刷だったからです。この動きに大きく反応したオフセット印刷は急速に進化し、上記の変化を引き起こしたのです。

さて、これらの変化は商業印刷以外の市場、例えばパッケージ市場でも起こるのでしょうか?「厳しい経済状況」や「Web利用の拡大」の影響は、商業印刷でもパッケージでも同じかと思われます。

また、パッケージ分野でも「小ロット・短納期」やパーソナライズ/カスタマイズの動きは見られますし、印刷通販サービスも増えつつあります。そして、これらはデジタル印刷が得意とする分野です。こうした状況を踏まえると、パッケージ分野でも商業印刷と同様の変化、激しい価格競争も含めた変化が起こることが考えられます。

では、その変化にどう対応すれば良いのでしょうか。拙訳書『未来を創る』には、以下2つの課題解決アプローチが紹介されています:

  • 先見型アプローチ:
    • 現在起こりつつある、あるいは未来に起こるトレンドを取り入れることに重きをおく未来志向型アプローチ。市場の変化にも対応できる。
  • バックミラー型アプローチ:
    • 過去の体験に基づいて考え、行動するアプローチ。

drupaでは海外の印刷市場、特にデジタル印刷先進国である欧米市場で起こっている動き、あるいは想定されている変化についての情報を収集する貴重な機会でもあります。drupaではぜひ、先見型アプローチで情報を収集・分析してください。そして、売上・利益増大につながるデジタル印刷戦略を立案・実践しましょう (^ ^)

0 件のコメント:

コメントを投稿